TOEIC対策

990点取るまでに使ったおすすめTOEIC問題集

今回は、わたしのおすすめTOEIC問題集をご紹介します。

「TOEICの点数を上げるためにはとにかく問題を解きまくれ!」という人もいますし、それも一理あると思います。

が、わたしは①確実に得点力アップしたいけど、②あまりお金をかけたくない、という思いから

「あまりたくさんの教材を買うよりは、よく吟味して厳選した問題集を使い尽くす

という方針で学習を進めていました。

以下のテキストは、いずれも効率良いスコアアップに重宝するアイテムですので、参考にしていただけたら嬉しいです。

①TOEIC TEST 単語特急 / 森田鉄也 著

最初にご紹介するのは「TOEIC TEST 単語特急 新形式対策(TOEIC TEST 特急シリーズ)」です。

単語、文法の基礎が大体固まって、「そろそろTOEICを受けて力試ししてみようかな」というTOEIC初心者の方にまず手に取っていただきたいテキストになります。

スキマ時間活用の強い味方

このテキストが素晴らしいのは、「単語特急」という名のとおり、電車に乗っているときにササっと気軽に勉強できるところです。

新書サイズかつ軽量なので持ち運びに便利ですし、電車内で広げても問題ありません。

電車待ちの時間、電車に乗っている時間といったスキマ時間は、英語学習の黄金タイム。

こういう時間を活用できる人は、得点が上がるスピードが格段に速いです。

驚異の的中率。即効性のあるTOEIC対策本!

繰り返しになりますが、スキマ時間は英語学習の黄金タイム。

つまり、スキマ時間をどれだけ効率的に活用できるかどうかが勝負、ということです。

そうであるならば、誰だって「質の高いテキストを使いたい!」と思いますよね。

そういう願いに応えてくれるのが、この「単語特急」なのです!

わたしは、TOEIC初受験では755点でしたが、1年後に受けた2回目で920点を取得することができました。

その要因を振り返ってみたところ、リスニング力が向上したことと、この「単語特急」を電車内で繰り返し解いたことの2点だという結論に至りました。

*リスニング力の向上については、こちらの記事に書いています。

実は、TOEIC本番中に、「あれ?この単語、「単語特急」で出てきたやつだ!」というのが結構あったんですよ。

必死で解いているので回数まで数えている余裕はないのですが(リーディングセクションは本当に時間との戦いなんですよね・・・)、それでも試験後に単語特急ってめっちゃ凄い本だったんだなと感謝した記憶は鮮明に残っています。

それもそのはず。著者の森田鉄也先生はTOEIC990点(満点)をなんと60回以上取得されているという、まさにTOEICマスターなのでした(もちろんTOEICだけでなく、英検やTOEFLなどあらゆる英語の試験を制覇していらっしゃるスゴイ方です。)。

他のテキストにも手を出して結局どれも中途半端…という状態になるよりも、

この一冊を徹底的に繰り返すことによってかなりの得点力アップが見込めます。

騙されたと思って一度手に取ってみてください。

TOEIC800~900点をめざす受験者には必携の書です。

②公式TOEIC Listening & Reading 問題集

もはや説明不要かもしれませんが、いちおう紹介しておきます。

こちらは、「公式」という名のとおり、TOEICテストTOEICの開発機関であるEducational Testing Service(ETS)が本番と同じプロセスで作成した問題が収録された問題集です。もちろん、リスニング音声も公式スピーカーが担当。

TOEICでは試験後に問題が回収されてしまいますから、TOEICの「予行練習」ができるのはこの問題集だけということになります。

ある程度本気で高得点を狙っている受験者なら、必ず持っているテキストですね。

公式問題集は、以下のとおりです。いずれも、練習テスト2回分(計400問)+サンプル問題が付いています。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 3

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 2

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

当然、TOEIC対策には公式が出している問題を解いて慣れるのが一番ですが、やっぱり多少値段が張るんですよね・・・。

練習テスト2回で3,000円、ということは1回につき1,500円。

受験料だけで5,725円かかることを考えると、上記の公式問題集をすべて買って完璧に対策する、というのはちょっと・・・という方もいるんじゃないかなと思います。

わたしも「なるべくお金をかけずにスコアアップする方法はないものだろうか。。」といつも考えていたので、市販の模試問題集で質の良いものを探して活用するようにしていました。

そこで「これは良い!」と思ったのがこちら↓です。

TOEICテスト超リアル模試600問 / 花田徹也 著 

TOEIC特化型スクール「花田塾」の代表でありカリスマ講師として名高い花田徹也先生の著書がこちら

2,000円弱ながら3回分の模試が収録されています。

しかも「超リアル」というだけあり、解いていて「違和感」「偽物くささ」を感じませんでした(ただし、得点換算表は甘いです。自信をつけるには良いかもしれませんが、あまりあてにはしないほうが良いです。)

解説も詳しいですし、花田先生の特別講義67分も付いており、こちらもかなり役立つ内容です。

コスパを追求するなら、こちらの問題集ですね。

ただし、「旧形式」用のテキストであることには注意してください(これを考慮しても、買って損はしないと思います!)。

模試の組み合わせとしておすすめなのは、「最新の公式問題集」1冊+「市販の問題集」1(or2)冊の模試を徹底的にやり込むことです。これが最もローコストハイリターンな投資だと思います。

「市販の問題集」としては上述のとおりリアル模試がおすすめですが、本当にいろんな種類のものが出ていますので、可能であれば本屋さんでピンとくるものを選んでみてください。

900点以上を目指す人向け

TOEIC900点を超えるまでは、基礎単語&文法をある程度身に付けることが最優先で、TOEIC対策本を買い込むことは基本的におすすめしません。

上記でご紹介した「単語特急」「公式問題集」「超リアル模試(その他の市販模試)」の3冊で十分です。

これらのテキストの内容をしっかりと自分のものにすれば、おのずとスコアは付いてくるはずですから。

そして、900点以上を取るようになり、950点〜満点を狙いたい!と思うようになったら以下のテキストも加えてみるのがよいと思います。

新TOEIC TEST読解特急3 上級編 / 神崎正哉 他2名 著

①の単語特急と同じ「特急シリーズ」の仲間です。

パート7の長文読解対策のテキストになります。→こちら 

大学卒業時、記念に満点を取りたい!と思い手に取ったのがこれでした。

というのも、パート5(文法&語彙)はどうしても正答率100%が難しいんですよね(不可能ではないけど、語彙問題で知らない単語が出てくるとどうしようもないので。プラス、TOEIC用の単語をガッツリ覚えるのも気が進まなかったのでした

それに対して、パート7というのは言ってしまえば「答えがすべて問題文に書いてある」パート。

英文をしっかりと読んで理解することさえできれば、全問正解も夢ではないわけです。

そこで、パート7を強化するためにこのテキストを選んでみました。

結果、この本を選んだのは大成功だったと思っています。

まず、問題の質が高い。TOEIC900レベルの人も結構難しく感じるくらいの難易度で、期待通りの内容でした。

あと、音声ダウンロードもできるので、iPodに入れていつも聴いていました。

すると、リスニングにも効果てきめん!個人的にこの音声の女性の声が好きで、耳心地良かったんですよね。笑

英文を部分的に覚えてしまうくらい聞き込むことで、総合的な得点力アップにつながりました。

TOEICテスト本番攻略リーディング10回模試 / カン ジンオー 他1名 著

コスパ面ではおそらく最強の本。→こちら *旧形式対応です。

2,000円でなんとリーディング10回分の模試が収録されています!

韓国で発売されたTOEIC本の日本版ということで、解説は付いていません

なので、「答えを見れば、どうしてそれが答えになるのか理解できる」というレベルになり、とにかく量をこなして完成度を高めたいという人には超!!おすすめです。

わたしは、本番1~2週間前に総仕上げとして活用しました。

低価格でこれほど沢山の問題演習ができることに感動すら覚えましたね・・・!

リスニング版はこちらです。

古い本なのでアマゾンでは中古しか取り扱いがないようですが、これほどコスパのよい本は(わたしの知る限りでは)ないので、本屋さんで取り寄せしてもらってでもゲットする価値はあるかなと思っています。

まとめ

今回は、おすすめのTOEIC対策本をご紹介しました。

ただし、一番大事なのは基礎単語&文法を身につけることです。

この土台がしっかりしていれば、最低限の問題演習でTOEICの点数はどんどん上がっていきます。

一方、基礎があやしいままTOEIC対策本ばかりに時間を費やしていると、700~800点くらいでスコアが伸び悩んでしまうことが多いです。

基礎単語&文法が一通り終わり、「TOEICで力試しでもしてみよう」という段階になったら、今回ご紹介したような問題集をやってみてください。

最短&最低コストで最高のスコアを取るために、この記事が少しでも役立てたら幸いです。